ホルモンバランスを整える効果のある妊活サプリ

妊活中に飲む健康補助食品のことを妊活サプリと呼び、現在では赤ちゃんを産む女性だけではなく男性も摂取するようになりました。

  • 妊活サプリにはどのような効果があるのか?
  • なぜ妊活サプリを飲むと良いのか?
  • 身体にどのような変化が引き起こされるか?

このような疑問を抱える方は多いかもしれません。

あくまでも医薬品ではなく健康補助食品なので確実な効果は期待できないものの、数多く出回っている妊活サプリにはホルモンバランスを整える力があるのです。

女性の身体に存在しているのが女性ホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンの2種類に分けられます。

<エストロゲン(卵胞ホルモン)の働き>
・女性らしい身体つきを作る
・妊娠するための準備をする
・卵胞を成熟させて排卵と受精に備える
・肌の潤いを保ったり髪の毛にツヤを出したりする
・善玉のHDLコレステロールを増やして悪玉のLDLコレステロールを減らす

<プロゲステロン(黄体ホルモン)の働き>
・妊娠を継続させて女性の身体を守る
・分厚くなった子宮内膜を維持する
・おりものの排出で膣内に雑菌が侵入するのを防ぐ
・体内の水分量を保ち血糖値を正常化する
・眠くなったりイライラしたりする

このような働きがそれぞれの女性ホルモンにはあり、身体のリズムやバランスを司っているのです。

妊娠しやすい体質に近付くためにはホルモンバランスを整えたり子宮周りの血流を促したりする必要があり、妊活サプリがそのサポートを徹底的に行ってくれます。

ホルモンバランスを整えるためにどのような栄養素が大事なのか以下では幾つか挙げてみました。

  • 葉酸
  • ビタミンE
  • イソフラボン
  • ザクロ
  • DHA
  • EPA

これらの栄養素や成分が妊活サプリの中にはバランス良く含まれており、年齢を重ねることで乱れやすいホルモンバランスを正常化してくれるので妊活中の女性から愛されています。

このサイトでご紹介しているサプリメントの美的ヌーボプレミアムの中にも豊富に含まれていて、何と累計販売数が1,000万包を突破しました。

全29種類の栄養成分が凝縮されているので、妊活サプリでホルモンバランスを整えたいと考えている女性は美的ヌーボプレミアムを飲んでみてください。

<<美的ヌーボプレミアムの詳細はこちら>>

妊活中はどのような原因でホルモンバランスが乱れるの?

妊活中に限った話ではありませんが、女性の身体は日常生活によって簡単にホルモンバランスが乱れやすくなります。

見た目の影響では特に問題がなかったとしても、体内ではホルモンバランスの乱れが少しずつ進行して妊娠しにくい状態に陥っているというケースは少なくありません。

以下では、エストロゲンとプロゲステロンに乱れが生じる原因を幾つか挙げてみたので、妊娠を考えている妊活中の女性は一度チェックしておきましょう。

  • 身体の冷えによって血行不良に陥って自律神経に乱れが生じる
  • 食指制限を伴う無理なダイエットで栄養不足の状態が続いている
  • 精神的なストレスが溜まって卵胞ホルモンの分泌を促す脳の視床下部に異常が生じている
  • 夜更かしや睡眠不足などの不規則な生活で身体のリズムが乱れている
  • 思春期や更年期などホルモンバランスが変調しやすい時期に突入した
  • 低用量ピルや高用量ピルなどの経口避妊薬を服用している
  • ダイオキシンや工業化学品などのホルモン(内分泌)撹乱物質を過剰摂取している

このように様々な原因によってホルモンバランスは乱れやすく、中でも自律神経の乱れが大きく関係しています。

消化器や呼吸器などの無意識のうちに行われる活動をコントロールしている神経が自律神経で、精神的なストレスが加わると以下のようなメカニズムで交感神経と副交感神経がバランスを崩すのです。

①普段の生活の中で精神的なストレスを抱えている
②副腎からストレスに対抗するホルモンが分泌される
③副腎への負担が大きくなりすぎて分泌異常が生じる
④自律神経への悪影響でホルモンバランスも乱れる

特に、妊活期間が長くなればなるほど、「このまま子供ができないのではないか?」「赤ちゃんを授かれない体質なのではないか?」と不安が募り、感じるストレスは余計に多くなります。

そのため、サプリメントを摂取してホルモンバランスを調整するのは大事ですが、日常生活の中でストレスを和らげる努力も同時に行わなければなりません。

ウォーキングなどの有酸素運動をして身体を動かしたり、自分の趣味の時間を増やしてリフレッシュしたりと様々な方法が考えられます。

サプリ以外にも妊活中は運動を心掛けよう>>>

サプリメントの摂取に加えてこのような対策を妊活中に行うことで、少しでも妊娠しやすい体質へと近付くのです。

もちろん、偏った食生活を見直して栄養素をバランス良く摂取したり、入浴やストレッチで血流を促したりという処置も大事だと頭に入れておいてください。

<PR>

メニュー