妊活サプリと漢方の組み合わせ

妊活サプリと漢方を組み合わせるのはどう?

妊娠力を少しでも高めて赤ちゃんを授かるために、妊活サプリと漢方を組み合わせるのは一つの選択肢となっています。

妊活サプリは健康補助食品なので医薬品との飲み合わせをあまり考慮する必要はなく、足りない部分を漢方で補うという形です。

妊活のために漢方薬を服用するのは意外とメジャーで、不妊体質を治すために服用している女性は以前よりも増えました。

もちろん、サプリメントと同じように確実に妊娠に繋がるわけではないものの、赤ちゃんを授かれるような体質へと自然な形で導く補助的な役割があります。

以下では、漢方薬にどのようなメリットがあるのかまとめてみました。

・身体の内側から少しずつ体質改善を図って病気を患いにくい状態を作れる
・西洋医学で使われる飲み薬とは違って副作用のリスクが少ない
・原因の分からない不定愁訴(ふていしゅうそ)にも高い効果を発揮する
・一人ひとりの体質に合った薬をオーダーメイドで処方してくれる

即効性がない代わりに上記のようなメリットが得られ、妊娠するために身体の内側から改善を図るのは大事なのです。

頭痛を治す薬はあっても妊娠率を確実に上げる医薬品はなく、妊活のサポート的な役割として漢方が大きな効果を発揮します。

そこで、妊活中の女性におすすめの漢方薬を幾つか挙げているので、個人の体質に合わせてベストなものを服用してみましょう。

冷え性やめまいなど血が少ない血虚(けっきょ)体質:「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」
身体のエネルギーが不足している気虚(ききょ)体質:「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」「麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)」
生理不順や生理痛などで悩むおけつ体質:「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」
自律神経をコントロールできない気滞(きたい)体質:「加味逍遥散(かみしょうようさん)」「香蘇散(こうそさん)」
卵巣機能が低下している女性:「六味地黄丸(ろくみじおうがん)」「十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)」

このような漢方薬が不妊に効くと考えられており、妊活サプリを併用して栄養素をしっかりと補っていれば健康的な体質を維持できます。

妊活サプリは通販で数多く販売されているので、当サイトのトップページでランキング1位に位置している美的ヌーボプレミアムを購入してみてください。

<<美的ヌーボプレミアムの詳細はこちら>>

漢方薬を選ぶ際は医師や薬剤師へと相談しよう

妊活中の女性に限った話ではないものの、漢方薬を選ぶ際は事前に医師や薬剤師へと相談しなければなりません。

上記でご紹介した漢方薬はドラッグストアでも市販されており、想像している以上に簡単に入手できて毎日の生活の中に取り入れられます。

しかし、個人によって体質は以下のように大きく異なり、自分の症状にピッタリと合う医薬品を選択しなければならないのです。

腎虚タイプ:卵巣機能や腎臓機能が衰えている
水毒タイプ:体内に余分な成分が溜まっている
気滞タイプ:ストレスで気が滞っている
気虚タイプ:肉体的な疲れで気が不足している
おけつタイプ:生理痛など血が滞っている

漢方薬局では個人の症状に合わせて何種類かの生薬を加えたり減らしたりと調整していて、その判断は専門医や薬剤師が下す形となります。

素人ではどれが良いのか選ぶことができず、妊娠率を高めるどころか逆に副作用で不快な症状が出るかもしれないので、オーダーメイド処方をしてもらった方が良いでしょう。

妊活サプリは医薬品ではなく健康補助食品なので、飲み続けても変化を実感できないケースは少なからずあるかもしれません。

そんな時は漢方薬に頼り、正しい用法と用量で服用して今の体質を改善できるように努力してみてください。

<PR>

メニュー