サプリ以外にも妊活中は食べ物に気を配ろう

サプリを飲む以外にも妊活中に良い食べ物を食べよう

「妊活中はサプリメントを飲んでいれば良い」と考えている女性は多いかもしれません。

確かに、普段の食生活では補えない栄養素が妊活サプリにはたっぷりと含まれており、身体の内側から妊娠しやすい状態を作ってくれます。

しかし、妊活サプリだけで毎日の生活を送れるわけではないので、食べ物や食事内容にも気を配らなければならないのです。

普段の食生活で健康体を維持できるかどうか決まると言っても過言ではなく、以下では妊活中に良い食べ物を幾つか挙げてみたので積極的に取り入れてみましょう。

タンパク質を含む食品:筋肉や皮膚、ホルモンや免疫体など身体の重要な部分を構成している栄養素
しょうがやネギ:身体を内側から温めて全身の血流を良くして冷え性を未然に防ぐ
黒い食材:黒米や黒豆には女性ホルモンの働きを活性化させる作用がある
赤い食材:トマトやパプリカといった野菜は血行を促進して子宮の働きを促せる
ハーブティー:生理周期の乱れをサポートするシャタバリや、PMSの緩和に良いラズベリーリーフがおすすめ

このような食べ物や飲み物が妊活中に良いと考えられており、バランス良く食べることで体調の回復に繋がります。

不規則な食生活を長期間に渡って送り、血行不良が慢性化したりホルモンバランスが乱れたりというケースは少なくありません。

特に、極端なダイエットをしている女性は注意が必要で、「痩せる」⇒「リバウンドで太る」⇒「痩せる」と繰り返していると筋肉量の低下で脂肪分が蓄積しやすい身体へと変化していきます。

極端に太り過ぎていたり痩せ過ぎていたりという状態は妊娠しにくく、赤ちゃんを授かるためにも妊活中は適切な体重のコントロールが重要です。

肉類や乳製品、緑黄色野菜やフルーツといった食べ物をバランス良く食べ、そのサポートとして妊活サプリを飲むのが適しています。

当サイトでは毎日の食事で不足しやすい葉酸や鉄分が含まれた美的ヌーボプレミアムをご紹介しているので、妊活中の女性は一度飲んでみてください。

<<美的ヌーボプレミアムの詳細はこちら>>

妊活中に悪い食べ物はあるの?

妊活中に悪い食べ物は幾つかあり、食べ過ぎによって妊娠しづらい体質へと誘われてしまうかもしれません。

妊活サプリを飲んでいてもこれでは意味がないので、どのような食べ物が妊活中に悪いのか以下を確認しておきましょう。

生肉:生肉や加熱が不十分な肉類を食べていると流産や死産のリスクを高めるトキソプラズマに感染しやすくなる
体を冷やす食材:アイスクリームやグリーンスムージーが挙げられ、冷え性が悪化して全身の血液が流れにくくなる
子宮収縮作用のある食材:ウコンやシナモン、バジルやパセリといった食べ物が該当する
ビタミンAの多い食材:レバーやうなぎに含まれたこの栄養素の過剰摂取により、口唇裂や水頭症といった奇形のリスクが高まる
ヨウ素を含む食材::昆布やひじきが該当し、摂取量が多いと先天性甲状腺機能低下症のリスクが高まる
カフェインの含む飲料:コーヒーやお茶が該当し、身体を冷やしたり血液の流れを悪くしたりといった作用を持つ

これらの食べ物を絶対に食べてはいけないという決まりは特にありませんし、カフェインに至っては気持ちを落ち着かせる効果があるのでイライラしている妊活中の女性におすすめです。

妊活期間が長引けば長引くほど精神的なストレスは溜まるので、食生活と同じくらい心身のリフレッシュは大事かもしれません。

しかし、過剰摂取によって少なからず弊害はあるため、妊活中はなるべく食べるのを控えてください。


<PR>

メニュー