サプリ以外にも妊活中は運動を心掛けよう

サプリを飲む以外にも妊活中は定期的に運動をしよう

妊活中は妊娠しやすい体質を身体の内側から作らなければならず、サプリメントを飲むだけではなく定期的な運動が適しています。

交通機関の発達によって運動不足に陥っている現代人は多く、どのような弊害があるのか以下では簡単にまとめてみました。

①運動をしない状態が続く
②血液の流れが悪くなって血行不良に陥る
③自律神経がアンバランスになる
④女性ホルモンのバランスが崩れる
⑤体調が悪化して余計に身体を動かせなくなる
⑥妊娠しづらい体質へと変化していく

このような状態ではサプリメントを摂取していても本来の効果を得ることはできず、妊活中は特に意識的に運動をしなければなりません。

「インターネットを使って買い物をする機会が多い」「デスクワーク中心の仕事をしている」「休日は家からあまり外に出ない」という女性は注意が必要です。

妊活中に運動を取り入れることで身体にどのようなメリットがあるのか確認してみましょう。

・自律神経やホルモンバランスを整えて正しい排卵リズムを維持できる
・血行促進効果によって冷え性が緩和して卵巣や子宮の機能低下を未然に予防できる
・リフレッシュ効果が得られるのでストレスの解消に繋がる
・身体を適度に疲れさせることで良質な睡眠をとれるようになる

上記のように、身体のバランスやリズムを正常化するためには運動が効果的で、この点に関しては妊活中以外の女性にも該当します。

「定期的に運動する」「食生活の乱れを改善する」「良質な睡眠をとる」という点を意識して日常生活を送り、妊娠しやすい状態を長期的に維持していくべきです。

食生活の乱れをサポートしてくれる存在がサプリメントで、当サイトでは女性から好評の美的ヌーボプレミアムをご紹介しています。

数々の雑誌やメディアに掲載されている人気製品なので、詳細は美的ヌーボプレミアムの公式ホームページで確認してみてください。

<<美的ヌーボプレミアムの詳細はこちら>>

妊活中におすすめの運動は何?

運動と言ってもたくさんの方法があり、何をすれば良いのか迷っている方は多いかもしれません。

そこで、以下では妊活中の女性におすすめの運動を幾つか挙げてみたので、少しずつ毎日の生活の中に取り入れてみましょう。

ウォーキング:特別な器具が必要なく正しい姿勢で歩けば良いだけなので取り組みやすい
ジョギング:「歩くだけでは物足りない」という方にはマイペースで走るのがおすすめ
ストレッチ:骨盤の位置を矯正するストレッチは子宮を正しい場所に戻して子宮への圧迫を防げる
ヨガ:ありとあらゆる世代の女性から注目されているエクササイズで、代謝の向上やホルモンバランスの調整に繋がる
踏み台昇降:数十分間でも血流が良くなって基礎代謝がアップし、器具を買えば自宅で取り組める

運動が苦痛となってストレスが溜まっていては意味がないため、自分が楽しいと感じる方法で続けるのが最も大事です。

また、短距離走や筋力トレーニングなど激しい運動は、ホルモンバランスが崩れやすいので妊活中にはおすすめできません。

体力の消耗の激しい運動は不妊のリスクが高まりやすいとデータが出ており、無理のない範囲で長期間に渡って続けることが大事なので上記でご紹介した有酸素運動を試してみてください。

<PR>

メニュー