サプリ以外にも妊活中はアロマテラピーを取り入れよう

サプリを飲む以外にも妊活中に効果的なアロマテラピーを取り入れよう

妊活中に良いと言われている対策はサプリメントの摂取で、葉酸やマカといったホルモンバランスを整える栄養素が含まれた健康食品を飲む女性は増えました。

不規則な食生活で身体の機能が衰えて妊娠しづらい体質へと誘われている女性は多く、そのサポートをしてサプリメントを飲むのは効果的です。

しかし、サプリメントだけで確実に妊娠率を上げるのは難しいため、同時にアロマテラピーを取り入れるのが良いと考えられています。

植物から抽出したエッセンシャルオイル(精油)を使って心身のトラブルを改善できるのがアロマテラピーで、どのような方法があるのか見ていきましょう。

水蒸気蒸留法:蒸留釜に入った植物を蒸気を使って熱して香りを出す
芳香浴法:アロマディフューザーやアロマポットといった器具を使う
吸入法:コップの中にお湯を注ぎ、精油を数滴垂らして立ち上がる香りを楽しむ
アロマバス(林浴法):湯船の中にお湯を溜めて精油を入浴剤代わりとして入れる
アロマトリートメント:代謝を上げて肌トラブルを改善するために気になる部位をマッサージする
湿布法:症状に合わせて身体の一部に精油を含んだタオルを押し当てる

自宅でも気軽に行えるアロマテラピーは多く、自分の好きな香りで行えばリラックス効果やリフレッシュ効果は確実にアップします。

妊活中や妊娠中は神経が過敏になって些細なことでイライラしやすいですし、赤ちゃんができない期間が長くなれば落ち込むはずです。

①心が影響を受ける脳ストレスを日々の中で感じている
②心の安定を司っている神経伝達物質のセロトニンの働きが阻害される
③うつ病やパニック障害といった精神的な病気に繋がる
④妊娠しづらい状態に陥る

過度のストレスは上記のような弊害があり、妊活の天敵なのでアロマテラピーを積極的に取り入れるのが良いかもしれません。

サプリメントと併用すれば更に効果的なので、天然素材のみを使った安全性の高い美的ヌーボプレミアムを飲んでみてください。

<<美的ヌーボプレミアムの詳細はこちら>>

妊活中におすすめのエッセンシャルオイル(精油)は何?

アロマテラピーをするには植物の葉や果実から抽出されたエッセンシャルオイル(精油)を使います。

そこで、以下では妊活中におすすめのエッセンシャルオイル(精油)を幾つかご紹介しているので、一度参考にしてみましょう。

ゼラニウム:初心者向けの精油で情緒不安定に効果的
ローズ:生理前に引き起こされるPMSの症状を緩和する
イランイラン:女性ホルモンの分泌を促してバランスを整える
ジャスミン:不安を解消するのでマタニティブルーの時におすすめ
ベルガモット:フルーティーな香りなので刺激が苦手な女性におすすめ
フランキンセンス:気持ちの高ぶりを抑えて心を落ち着かせられる

これらの中で自分が心地良いと感じるアロマオイルを使い、芳香浴法やアロマバスなどお好きな方法を試してみてください。

妊活中や妊娠中に禁忌のアロマオイルはあるの?

アロマオイルの中には妊活中や妊娠中に禁忌のものがあり、使用はできる限り避けた方が良いかもしれません。

妊活中ならばまだしも、妊娠中は些細な刺激でトラブルへと発展しやすいので細心の注意を払う必要があります。

どのようなエッセンシャルオイル(精油)を避けた方が良いのか幾つか挙げているので、実際に使う前に確認しておきましょう。

・カモミール
・サイプレス
・ジュニパー
・ペパーミント
・メリッサ
・ミルラ
・マジョラム

これらのオイルには女性ホルモンの分泌を促す作用があり、ただでさえホルモンバランスを崩しやすい妊娠中は避けるべきです。

特に、肌へと塗布してマッサージやトリートメントを行うと炎症に繋がりやすいので、香りを楽しんでリラックス効果を得るだけに留めておきましょう。


<PR>

メニュー