鉄分が含まれた妊活サプリ

鉄分が含まれた妊活サプリを飲もう

妊活中に欠かせない栄養素の一つが鉄分で、サプリメントの中にバランス良く配合されています。

不妊治療を受けている20代後半から30代後半の女性は、毎日の食生活で摂取している鉄分の量が不足しているというデータが出ていました。

厚生労働省が発表した日本人の食事摂取基準によると、30歳~49歳の場合は男性で7.5mg、女性で10.5mgの鉄分が必要だと記載されており、妊娠中は更に目安摂取量が増えます。

しかし、偏った現代人の食生活では慢性的に不足しやすく、健康維持のためにも妊活サプリで継続して補給するべきです。

以下では、なぜ妊活中に鉄分を摂取した方が良いのかまとめているので一度確認しておきましょう。

・妊娠率が下がると言われている鉄欠乏性貧血を未然に予防する
・妊活中から不足していると妊娠した際にお腹の赤ちゃんも栄養不足に陥る
・健康な細胞を老化させる活性酸素を除去する
・エネルギーの貯蔵や物質の代謝をいった役割を果たすATP(アデノシン三リン酸)を生成する
・細胞の代謝をスムーズに行って免疫力の低下や慢性的な疲労を予防する

このような働きを持つミネラルで、女性は男性と比較して鉄分不足で悩まされることが多くなっています。

・初潮を迎えてから月経の度に血液と一緒に失われる
・男性よりも1日の目安摂取量が多い

鉄分不足による代表的な症状は鉄欠乏性貧血ですが、他にも妊娠を維持するために必要な黄体ホルモンの分泌が減少したり、皮膚にカビが生えて美容を損ねたりという弊害もあるのです。

妊活中は赤ちゃんが発育しやすい環境を整えなければならず、そのサポートをしてくれるのがサプリメントなので多くの女性が飲んでいるのではないでしょうか。

当サイトでご紹介している美的ヌーボプレミアムの中にも、葉酸だけではなく鉄分がたっぷりと含まれています。

「貧血でめまいがしたり立ちくらみが生じたりすることが多い」という女性は、体調不良の予防のためにも美的ヌーボプレミアムを毎日の生活の中に取り入れてみてください。

<<美的ヌーボプレミアムの詳細はこちら>>

鉄分不足に陥っているかどうかセルフチェックしよう

妊活中の女性に限った話ではありませんが、毎日の食生活の中で不足しやすい代表的な栄養素が鉄分です。

知らず知らずのうちに慢性的に不足しているケースも多いので、鉄分不足に陥っているかどうか確かめるためにセルフチェックをしてみましょう。

・何となく食欲がない
・立ちくらみで悩まされる
・全身の倦怠感がある
・集中力が持続しない
・肩こりや首こりの症状が辛い
・やる気が出ない
・動悸や息切れを感じる
・顔色が悪いと指摘される
・食事制限による極端なダイエットをしている
・肌のツヤやハリがなくなった
・直ぐに風邪をひいて体調不良で悩まされる
・口内炎や口角炎で悩まされる
・生理周期が安定しない

セルフチェックを行って上記の項目に当てはまる数が多いという女性は、鉄分不足に陥っている可能性が高くなります。

貧血による体調不良が慢性化すれば妊娠しづらい体質へと誘われるので、毎日の生活にサプリメントを取り入れて定期的に補給しなければなりません。

もちろん、サプリメントだけで1日の必要量に達するわけではなく、普段の食事でも意識して取り入れなければならない栄養素の一つです。

ヘム鉄:肉類や魚類といった動物性食品に含まれていて吸収率が高い
非ヘム鉄:野菜や穀類といった植物性食品に含まれていて吸収性が低い

上記のように動物性食品に配合されているヘム鉄の方が体内への吸収率が高く、牛肉やレバー、マグロやカツオといった食べ物を意識的に食べる必要があります。

鉄分は体内に貯められる栄養素の一つですが、それでも不足しやすいのは紛れもない事実なので吸収率を上げるために以下のような対策も同時に行いましょう。

・体内での有効利用率を上げる動物性たんぱく質を一緒に摂取する
・食後に新鮮な果物を食べてビタミンCを摂取する
・鉄分の吸収を妨げるコーヒーや緑茶に含まれるタンニンを避ける
・わかめなどの海藻類やごぼうなどの野菜類に含まれる食物繊維は過剰摂取しないようにする

サプリメントに加えてこのような対策を行っていれば慢性的な鉄分不足を予防できるので、妊活中の女性は是非一度試してみてください。

<PR>

メニュー